Windows TIPS

■パソコンに鍵をかける (XP/Vista)

席を外す場合に他の人にパソコンを触られないようにするため、パソコンを簡単にロックしましょう。

Win + L を押すとユーザ選択画面、またはパソコンのロック画面に切り替わります。
ここでパスワードを必要とする設定にすれば簡単にパソコンをロックできます。

◆パスワード設定方法
1. 「コントロールパネル」-「ユーザアカウント」を選択します。
2. パスワードを設定するアカウントを選択し、「パスワードを作成する」を選択 。

 

■デスクトップのアイコンを非表示 (XP/Vista)

デスクトップにあるマイコンピュータやマイネットワークはあまり使わないと人はこれで非表示にできます。
ごみ箱は非表示にできないようです。

◆方法 (XP)
1. デスクトップで右クリックし、「プロパティ」を選択。
2. 「デスクトップ」タブで「デスクトップのカスタマイズ」を選択。
3. 「全般」タブの「マイコンピュータ」や「マイネットワーク」のチェックを外す

◆方法 (Vista)
1. デスクトップで右クリックし、「個人設定」を選択。
2. 「タスク」にある「デスクトップアイコンの変更」を選択。
3. 「マイコンピュータ」や「ネットワーク」のチェックを外す

 

■隠しファイル、隠しフォルダを表示 (XP/Vista)

すべてのファイルを見られるようにする方法です

◆方法
1. エクスプローラの「ツール」→「フォルダオプション」から表示タブを開く。
2. 「詳細設定」内の「ファイルとフォルダの表示」→「すべてのファイルとフォルダを表示」を選択。
3. 「詳細設定」内の「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックを外す

 

■エラー報告機能を無効にする (XP/Vista)

WindowsXPでは、「応答なし」のエラーが起こるたび、マイクロソフトに「エラー報告」をしようとするので、無効にしましょう。

◆方法 (XP)
1. 「コントロールパネル」から「システム」を選択。
2. 「詳細設定」タブの「エラー報告」ボタンをクリック 。
3. 「エラー報告を無効にする」をチェック。

◆方法 (Vista)
1. 「コントロールパネル」から「システムとメンテナンス」を選択
2. 問題のレポートと解決策のグループにある“解決策の確認方法の選択”をクリック
3. “詳細設定を行います”をクリック
4. “無効にします”を選択し、[OK] をクリック

 

■最近使ったファイルを非表示 (XP/Vista)

「最近使ったファイル」を「スタート」メニューから見ることができないようにします。

◆方法 (XP クラッシック「スタート」メニューの場合はできません)
1. 「スタート」ボタン上で右クリックし、プロパティを選択
2. 「カスタマイズ」ボタンをクリック。
3. 「詳細設定」タブにある「最近開いたドキュメントを一覧表示する」のチェックをはずす。

◆方法 (Vista)
1. タスクバーのスタートを右クリックして、プロパティを選択
2. 「[スタート] メニュー」タブをクリック
3. 「最近開いたファイルの一覧を保管し表示する」のチェックを外す

 

■最近使ったファイルを追加させない (XP)

「最近使ったファイル」は必要なければ追加させないようにできます。
しかしレジストリを使用するので、自己責任でやってみてください。

◆方法
1. Windowsキー + R で「ファイル名を指定して実行」を起動して、regedit と入力します。
2. レジストリエディタが起動されたら、「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer」 まで移動します
3. 右側の欄で右クリックして「新規」→「DWORD 値」を選択
4. 名前を「NoRecentDocsHistory」とします。「値のデータ」の欄に「1」と入力し、レジストリエディタを終了します。
これで再起動すると次回から有効になります。

 

■ドライブレターの変更

ドライブレター(ハードディスクやCDドライブに割り当てられたアルファベット。C:とか)
を変更したいと思ったことはありませんか?

ここからの操作はレジストリを変更しますので自己責任で注意して行ってください。

◆方法
1. Windowsキー + R で「ファイル名を指定して実行」を起動して、regedit と入力します。

2. レジストリエディタが起動されたら
「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices」 まで移動します 。
ここで表示されている「\DosDevices\C:」がC:ドライブのことです。

3. 変更したいドライブ名を右クリックし、「名前の変更」を選択。

4. たとえばC:ドライブをD:ドライブとしたい場合、「\DosDevices\C:」→「\DosDevices\D:」 に変更する。

5. レジストリエディタを終了してください。パソコンを再起動すると有効になります。

 


戻る TOP