AutoRunCreator

◆AutoRunCreator について

CDやUSBメモリを挿入した時に、自動で実行される Autorun.inf の作成補助を行うソフトです。
Autorun.inf を読み込んで再編集することも可能にしています

◆Autorun.inf とは

CD/DVDやリムーバブルメディアを自動再生させるための設定ファイルのことです
以下のルールで作成してください
・ファイル名は必ず「Autorun.inf」にすること
・「Autorun.inf」の格納場所はドライブのルートフォルダにすること (F:\など)

◆操作説明

■メイン画面
 例としてUSBメモリ(G:\) に Autorun.inf を作成しています

■最初はルートフォルダを指定
 自動再生ファイルや、表示アイコンを設定する時は、ルートフォルダからの相対パスで設定するので、まずはルートフォルダをしていしないといけません

■自動再生ファイルの指定
 自動再生ファイルとはドライブが認識された時に、自動で起動されるファイルのことです

項目 説明
ACTION 動作の指定画面や、ドライブを右クリックした時に表示される名前を設定します (未設定時は表示されません)
OPEN 自動再生をさせたいファイルのパスを指定します
関連付け起動 チェックすると、拡張子毎にWindowsが関連付けしているプログラムで起動します。
拡張子が .exe じゃないファイルの場合はこちらにチェックを入れて下さい

■表示アイコンの指定
 以下の画像のようにドライブアイコンを好きなアイコンに変更できます。アイコンファイルは各自用意して下さい。

項目 説明
ICON .ico や .exe のファイルパスを指定します
アイコンのインデックス 複数のアイコンを持つファイルの場合はインデックスを指定して使いたいアイコンを選びます

■ショートカットメニューの指定
  ショートカットメニューとはドライブを右クリックした時に表示されるメニュー項目のことです

項目 説明
ACTION ドライブを右クリックした時に表示されるメニュー項目名を設定します
OPEN メニュー項目名を選択した時に、起動するファイルのパスを指定します
関連付け起動 チェックすると、拡張子毎にWindowsが関連付けしているプログラムで起動します。
拡張子が .exe じゃないファイルの場合はこちらにチェックを入れて下さい
◆ダウンロード
AutoRunCreator v1.02
◆更新履歴

2009/06/18 v1.02 ラベルクリックで隣のテキストボックスを全選択状態にするようにした
2009/06/07 v1.01 デザインを改善。環境によりAutoRunCreator.exeへのドラッグが上手くいかなかったのを修正
2008/02/13 v1.00 リリース


戻る TOP