HiFileWatcher

◆HiFileWatcherについて

フォルダを監視するソフトです。

指定したフォルダの中で、ファイルが追加された時、移動や削除された時、リネームされたときに知らせてくれます
また追加された時に、条件にしたがって自動で指定フォルダに移動、リネームをさせることができます。

◆主な機能
■フォルダを監視して変更があった場合に通知(追加、削除、リネーム)
更新時のメッセージ 説明
追加 追加されたファイル名が表示されます
削除 削除されたファイル名が表示されます
リネーム リネームする前と後のファイル名が表示されます
移動 移動するファイル名と移動先パスが表示されます


■追加された時に、条件にしたがって自動で指定フォルダに振り分け、リネーム
オプションからファイルが追加された時に行う処理を設定することができます。
これにより追加されたファイルの自動振り分けや、連番ファイルに自動リネームができるようになります。

図の設定だと拡張子が「txt」のファイルが追加されたら
監視フォルダにある「sub」フォルダに移動し、ファイル名を「test000.txt」にリネームします。
またすでに「test000.txt」が存在している場合は、「test001.txt」というファイル名に自動的に連番化します。

わかりづらかったら掲示板などで質問してくださいね

◆コマンドラインオプション
コマンドライン 説明
/h ウィンドウ非表示で起動
/w 監視した状態で起動
◆ダウンロード
HiFileWatcher v1.31
◆掲載メディア
・iP! 2008年5月号
・Windows100% 5月号 (2008年4月13日)
・無料でつかえる!最強フリーソフト365 (2008年11月14日)
・フリーソフトプレミアムコレクション (2009年5月25日)
・iP! 2009年9月号
・Vector 「新着ソフトレビュー 」(2009年7月24日)
・窓の杜 (2009年8月11日)
・Windows100% 09月号(2009年8月13日)
・iP! 2009年10月号
・Windows100% 11月号 (2009年10月13日)
◆更新履歴
2009/10/06 v1.31 CSV保存機能にて、ヘッダ行を付けた。終了のコマンドラインの追加
2009/07/11 v1.30 ログのCSV保存機能追加。メニュー「フォルダを開く」を追加。少し安定性が上がった
2009/07/05 v1.25 コマンドラインを追加
2009/06/22 v1.24 コピーが2分ぐらいで済む容量のフォルダの振り分け処理ができるようになった
2009/05/26 v1.23 フォルダ振り分け処理に失敗する不具合修正
2009/05/19 v1.22 コピーや保存が2分で済むぐらいの容量のファイルにて振り分け処理ができるようになった
2009/04/21 v1.21 既存のファイル名を残しつつリネームできるようにした
2009/03/26 v1.20 ファイル名変更処理で書式を自由に入力できるようにした
2008/02/23 v1.11 二重起動できないようにした。メニュー名にエリプシスを付けた
2008/02/05 v1.10 変更履歴のテキストボックスをリストビューに変更
2008/02/04 v1.00 リリース

  戻る TOP