HiMacroEx

HiMacroExについて

マウスとキーボードの操作を記録、再生するソフトです。
よく行う動作などを記録させ、自動化させることができます。

主な機能

■ボタンをクリックで簡単に記録、再生が可能

■記録された操作がすぐに確認できて、すぐに編集可能
 記録開始するとメイン画面に操作内容が記録されていきます。
 記録終了後は操作内容を編集することができます。

■複数の操作記録モードで自由なマクロを作成可能
 マウス操作の記録、操作時間の記録、アクティブウィンドウの記録など
 記録したい操作を選んで自由なマクロを作ることができます

■記録した操作をマクロファイルにして保存、読み込み可能
 保存したファイルはマクロリストで管理して簡単に呼び出すことが可能です

■ホットキーを設定して簡単に記録、再生、再生中断、一時停止が可能
  初期設定では再生がPauseキーですが自由に変更できます。

■キー、マウスの連打機能
  ほっておいてもキーやマウスを連打してくれます

■レジストリ未使用
  設定はiniファイルに保存するので、他のPCに設定を簡単に移せます

ダウンロード

HiMacroEx (最新版)    HiMacroEx v1.75 (過去バージョン。Seesaaダウンロードより)

サンプルマクロファイルのダウンロード

要望などあったら追加していきます
sample.zip

参考

・プログラム起動マクロでスタートアップの起動順番や遅延起動を可能にする
・自動ログイン機能の解説動画 - YouTube

掲載メディア

・WindowsXPを一生使うための本
・Windows Vista 裏技300 2007年12月
・Windows100% 2008年 2月13日
・Windows Vista 裏技365 (2008年7月14日)
・Vector 「新着ソフトレビュー 」(2008年10月16日)
・フリーソフトプレミアムコレクション (2009年5月25日)
・Windows100% 8月号 (2009年07月13日)
・Mr.PC (2009年)
・Windows100% 2010年4月号
・Windows100% 2010年9月号

更新履歴

2015/02/16 v2.40 再生中の行が色でわかるようにした
2015/01/12 v2.39 <r>のようにループ再生の数値を入れない場合の処理を変更(2147483647回ループ)
2014/10/06 v2.38 変数処理改善
2014/09/07 v2.37 変数で文字列を扱えるようにした(試験実装)
            変数内でGetClipを使えるようにした(クリップボードの値を取得)
2014/08/09 v2.36 ステータスバーにメニューバーの各項目の説明を表示するようにした
            再生速度の1/8倍速に対応
2014/07/07 v2.35 FireFoxへのバックグラウンドクリックは、クラスにFireFoxと指定することでウィンドウクラスが変化しても対応できるようにした
2014/04/24 v2.34 ステータスバー作成、マウス位置を表示するようにした。
            RND関数を使用した変数処理の改善
2014/03/18 v2.33 ComCtl32.OCXを同梱することにした。バンドルソフト変更。
            記録設定にタイムスタンプを追加
2014/02/04 v2.32 InputBox命令の追加(変数内でのみ使用可能)
            RND機能の処理改善
2014/01/17 v2.31 Switch命令内で変数を使った際の不具合を修正
            MF命令や中断・再開を使うと変数が初期化される不具合を修正
            GoTo命令を追加
2013/12/02 v2.30 Switch命令の比較元に変数を指定できるようにした
            再び「.」と「\」がエクスプローラ起動になっていたので、キー入力に戻した
2013/11/05 v2.29 半角/全角、英数、CapsLock、かなキーの記録・再生処理を修正
            変数機能を試験実装
2013/10/22 v2.28 再生終了後にCtrl、Shift、Alt、WinキーをUPさせる設定を追加
2013/08/08 v2.27 マクロリストでフォルダを開いた際の処理改善
            選択中のマクロファイル名をタイトルバーに表示
            ループ回数設定を保存できるようにした
2013/07/20 v2.26 マクロリストをダブルクリックした際の処理改善
2013/06/20 v2.25 指定パスによるレジストリエディタ起動命令追加
2013/05/11 v2.24 キー送信命令追加
2013/04/19 v2.23 数字キーの再生ができない不具合の修正
2013/02/14 v2.22 再生処理の改善、move命令の処理変更
            バンドルソフトの更新
2012/12/01 v2.21 「ファイル名をして実行」のコマンドを再生できるようにした
            マウス位置変更命令に画面中央、マクロ開始時のマウス位置に変更する命令を追加
2012/09/18 v2.20 XP向けの内部処理変更。バンドルソフト追加
2012/06/15 v2.18 連打間隔の設定をオプション画面に移動させ、値をiniファイルに記憶するようにした
2012/05/30 v2.17 記録時に、記録停止ボタンを押した際のクリックが記録されないよう修正
2012/05/19 v2.16 再生速度の調整、記録時はテキストエリアを非表示にする設定を追加
2012/05/02 v2.15 MsgBox命令の処理を変更
            操作記録処理の大幅変更、負荷軽減
            WinキーのDown/Up記録、キー押しっぱなしの記録ができるようになった
2012/02/07 v2.14 いつの間にか時間記録が少数点以下まで記録されるようになっていたのを修正
            マウス移動や時間などの記録処理の負荷軽減
2011/12/01 v2.13 モニターON/OFFの命令を追加
2011/09/18 v2.12 一部のフォントサイズで行数表示がずれる不具合修正
            長期起動による不具合の修正
2011/05/24 v2.11 「.」と「\」でフォルダが開く不具合修正
2011/04/10 v2.10 タスクトレイ上でマウスホイールをクリックするとオプション系メニューを表示するようにした
            MF命令の文字化けする不具合修正
2010/10/17 v2.09 タスクトレイに関する処理の変更
2010/09/22 v2.08 起動時のマクロ実行が失敗する不具合修正
2010/09/19 v2.07 再生処理の不具合修正
            再生速度設定の仮実装
2010/08/16 v2.06 命令の前にスペースが入るとうまく動作しない不具合修正
2010/08/15 v2.05 起動時のマクロ実行が失敗する不具合修正
2010/08/02 v2.04 MsgBox命令追加。CapsLock、NumLockのON/OFF命令追加
            クリップボード取得のUnicode対応、不具合修正
            Wait命令の精度強化
2010/06/26 v2.03 @命令でクリップボードの値が変わらないようにした。\nと入力すると改行になるようにした
            ホットキー処理などの内部処理の改善。ファイル起動命令の改善。
2010/05/13 v2.02 IEキャッシュ、履歴、一時ファイルなどの削除機能を追加。関連付け起動時の不具合修正
2010/02/12 v2.01 マウスのダブルクリック命令の追加。再生処理をほんの少し改善
2009/11/10 v2.00 テキストボックスのUnicode対応
2009/08/17 v1.77 ファイル起動命令の改善。バックグラウンドクリック精度向上。
            Beep命令追加。シャットダウン系命令追加。コメント行をバルーンヘルプ表示する機能を追加
2009/07/05 v1.76 Keys命令追加。オプションの関連解け改善。あとは微調整
2009/05/08 v1.75 自動ログイン機能にて、チェックボックスの記録、再生が可能になった
2009/04/20 v1.74 Move命令追加。関連付けを変更したら再起動しなくても適用されるようにした
2009/03/12 v1.73 毎日指定時間にマクロを自動実行する機能追加
2009/03/05 v1.72 自動実行機能搭載
2008/11/26 v1.71 Key命令追加。自動文字取得機能(GT命令)追加。待ち時間の行を削除する機能追加
2008/11/24 v1.70 TS命令廃止、代わりにST命令を追加、AD命令も仕様変更、どちらも文字を送る精度を強化
            Copy命令追加
2008/11/10 v1.68 @命令で大文字が小文字になる現象の修正
2008/10/25 v1.67 <Switch>の判定不具合の修正
2008/10/15 v1.66 Rand、GetClip、<Switch>命令追加
            ファイル上書きの不具合修正

2008/10/08 v1.65 Lock、UnLock命令追加。ハンドル取得補助機能の精度向上
            自動ログイン、バックグラウンドクリック機能復活

2008/07/08 v1.64 記録起動時も「.hmc」で保存できるようにした
            部分ループのネストができるようになった

2008/07/07 v1.63 非表示時の再生、記録動作の修正、命令メニューの項目追加
            操作記録テキストエリアでホイールクリックで命令メニューを呼び出せるようにした
            マクロでフォルダを開く時に、フォルダツリーを表示するようにした

2008/06/16 v1.62 オプションの「マウス移動記録」、「クリック記録」の不具合修正
2008/06/15 v1.61 「相対位置でマウス記録」チェック時は、マウス移動も相対位置で取得できるようにした
            オプションにて、「マウス移動記録」、「クリック記録」を追加

2008/06/13 v1.60 マウス移動の記録、操作時間の記録機能追加

2008/06/06 v1.59 Wheel命令処理の改善
             「.」と「\」がエクスプローラ起動になっていたので、キー入力に戻した

2008/06/01 v1.58 Wheel命令の仕様変更。記録中に記録用ホットキーが記録されてしまう不具合修正

2008/05/30 v1.57 マクロファイルの上書き保存後のマクロリスト更新処理をしないようにした
            指定ウィンドウ操作(w命令)で最小化が戻るまで処理を待つようにした(まだテスト導入)
            アクティブウィンドウの記録機能を追加

2008/05/25 v1.56 マクロリストの右クリックメニューに「フルパスをコピー」を追加
            MF命令でMacroフォルダ以下のファイルは
            Macroフォルダ以降のパスを入力するだけで呼び出せるようにした

2008/05/23 v1.55 マクロファイルを「.hmc」として保存できる設定を追加
            「.hmc」ファイルをHiMacroExに関連付けできるようにした
            マクロファイル呼び出し(MF命令)不具合修正

2008/05/16 v1.54 起動マクロ設定にて、たくさん登録すると設定が保存されない不具合修正
2008/05/14 v1.53 ホイールの記録ができるようになった
            内部の話ですがFileSystemObjectを使用しないようにした。
2008/05/11 v1.52 オプションにマクロ起動設定を追加
2008/05/10 v1.51 テキストボックスの行数とルーラの表示設定ができるようになった
            一時停止命令を追加
2008/04/29 v1.50 テキストボックスに行数とルーラを追加した
            マクロリストをツリービューに変更
            マクロ内でマクロファイルを呼び出せるようにした(MF命令)
            起動マクロの設定をオプション画面に移動

2008/03/30 v1.49 マウス操作記録時にHiMacroExの画面上では左クリックを記録しないようにした。
            マウス位置をアクティブウィンドウのクライアント座標で記録するオプション追加
2008/02/04 v1.48 URLを開く命令を追加。
            マクロにコメントが書けるようになった
            起動と同時にマクロ実行している時に、一時停止もできるようにした。
            自動ログイン機能追加
            待機処理中も中断、一時停止ができるようになった。再開は待機時間の始めからになります。
2008/01/10 v1.47 ボタンやマクロリストの幅を変更できるようにした。部分ループができるようにした
2007/12/07 v1.46 記録開始しながら起動するコマンドラインの不具合修正
            最小化起動、非表示起動のコマンドライン追加
            テキストボックスにマクロファイルドロップで読み込めるようにした
            マクロファイルからループ再生の回数を指定できるようにした
2007/11/27 v1.45 再生の一時停止処理の改善
            テキストボックスの下部にスクロールバーを追加して、文字を折り返さないようにした。
            再生の一時停止時に、マクロが止まっている行の文字を選択させるようにした。
2007/11/21 v1.44 マウス動作が再生されない不具合修正。処理改善
2007/11/18 v1.43 コマンドラインでのマクロ起動で、ホットキーでの中断ができるようにした
2007/11/16 v1.42 マクロ一覧に表示されるファイルをテキストファイルのみから全てのファイルに変更
2007/11/08 v1.41 操作記録テキストボックスのフォントサイズを変更できるようにした。
2007/11/07 v1.40 プログラム起動命令でコマンドラインを指定できるようにした。
            マクロファイルの上書き保存機能追加。処理改善
            起動と同時に記録開始する機能追加
2007/11/06 v1.39 コマンドラインでのマクロ実行機能追加
2007/10/30 v1.38 非アクティブなウィンドウのテキストボックスに文字を送る機能追加
            非アクティブなウィンドウのボタンを押す機能追加
2007/10/29 v1.37 再生終了をビープ音やダイアログ、タスクバーの点滅で知らせる機能追加
            操作対象ウィンドウを指定する機能追加

2007/10/28 v1.36 オプションで表示/非表示、再開/一時停止キーを選べるようにした。
2007/10/27 v1.35 記録後、再生ホットキーがPauseキーに戻る不具合修正
2007/10/25 v1.34 再生中用アイコンを作成。XPスタイルにした。
2007/10/03 v1.33 再生中はタイトルバーに残りループ回数を表示するようにした。
2007/10/02 v1.32 記録/再生ホットキーを変更できるようにした。

2007/08/13 v1.31 キー連打、マウス連打モード用のアイコンを作成
            キー押下時の音を無くすため、マウス連打の開始キーを Alt+F1、Alt+F2、Alt+F3 に変更
            キー連打モードでマウス押下が取得されないようにした。
            「常に手前に表示」のON/OFFができるようにした。

2007/08/07 v1.30 メニューバーの追加。マウス記録のチェックボックスをメニューバーのメニュー項目に変更
            タスクトレイにアイコンを表示させるかさせないかをメニューにて選択できるようにした。
            最小化して終了した時、次回の起動で画面外に表示される不具合を修正
            起動時に指定マクロファイルを読み込む設定を追加

2007/08/06 v1.22 マウス位置変更の命令追加
            マウスクリックの命令でマウス位置を指定しない場合は、現位置でクリックするようにした
            再生時の命令の大文字、小文字を区別しないようにした

2007/07/29 v1.21 文字列入力ができるようになった。プログラム起動できるファイル種類を増やした
2007/06/26 v1.20 キー連打、マウス連打機能を追加。

2007/06/26 v1.12 マウスホイールを転がす動作が再生されない不具合修正。
            パスを記入すると再生時にプログラムが起動できるようにした

2007/05/29 v1.11 NumLockがONのとき、Shiftキーが押されっぱなしになる不具合修正
2007/05/02 v1.10 Macroフォルダ内にある操作記録ファイルをリスト表示し、簡単に呼び出せるようにした
            リスト表示されているファイル名をダブルクリックすると、操作記録ファイルを実行するようにした
            再生中にHiMacroExを終了すると、プロセスに残る不具合修正

2007/04/18 v1.01 ShiftやAltの同時押しでの記録がうまくいっていない不具合修正
2007/04/12 v1.00 リリース


  戻る TOP